アマチュア無線 JK1BWH その3
天体双眼望遠鏡HOME > アマチュア無線 JK1BWH その3
更新
2021/12/23 総通の電子申請はピッタリ3週間
2022/1/5 アンテナ切替

アマチュア無線 JK1BWH その1
アマチュア無線 JK1BWH その2

〇 他の無線のページ 〇
 
国際VHF/きくまるさん
  普通のデジ簡/とうきょうJK11

船のデジ簡コール/MM:KIKUMARUⅢ

装備もアマチュア無線3級ほぼフルスペックになりました

免許状も今日明日に届く予定です。
我慢できずにFT991AMを設置してしまいました 笑
ちょとゴツくなったけど、705用のチューナーやリニア、切り替えスイッチ類など一掃され
デスクはスッキリです(^^)v


2021/12/23 総通の電子申請はピッタリ3週間


やはり、業務が忙し過労がヒマだろうが3週間ルールを作っているようですね。。
ほぼ明らかです。マジちゃんと仕事しろよ!です。(-。-)y-゜゜゜

で、そこからこっちが送付用の封筒を送るという今時あり得ない失われた数十年どころか進歩の無い数十年ってやつですね。汗

まあ趣味の免許だからと舐めてんでしょう。
遊びだからまあいいか、、ってアリエン!

といいつつ、どうにか今週には免許状も届きますし、オールバンド50W送信の準備です。
さっきまでは、IC705にブールターとかチューナーとかあれこれつけたので切替を含めとんでもない状態になっていましたが、非常にスッキリしました。

以前はこの状態です。笑



そして外したものはこんな感じです。

ちょっと無駄のようでしたが、IC-705は船へ移設します。
船のFTM-7250DSはカーモービル用にします。
良い感じのスタイルでしょ?

小間物は結構余りますが、暫くは持っておいて出番が無ければヤフオク行で無駄無しといったところでしょう。
とにかく、この多数のケーブル切り替えが憂鬱気味でした。
心機一転は2回路スイッチ2個だけで完結です。

八重洲FT-991AMですが、電源はダイヤモンドGSV3000 30Aトランス型です。
30Aのトランスなので10㎏近くありデカいのですが、スイッチングタイプのHF帯に出るノイズは頂けません。
991を載せるにも良い大きさだったのでこちらにしました。
オートチューナーは入っているので不要で、V/UHFのチューナーにコメットCAT-283は残しました。
ほか、991の使い方が良く分かっていないので取り合えずDPSスピーカーは残して使っています。
後は991の本領に期待します。991よ、こたえてね!笑

さあ、CW頑張ろう!(;^ω^)


やっぱりクリスマスに届いた。💦

八重洲FT991AM初運用

昨夜取りあえずFT991AM/430MHz/50W送信で1局やってみました。
いやいや💦パソコンに使っているBluetoothスピーカーから送信が拾われてハウリング寸前です。
同時にファンモーターノイズっぽいのも出て「ビービー聞こえてますよ!」だって。。
慌ててスピーカーを切ってマイクに口近づけて変調深くしてやっと終わらせた感じです。
途中から安定化電源のファンもガンガンに回り出して煩いしね。
僅か5分ぐらいのQSOなのに本体がかなり熱持ってました。

で、ネット検索したら、何ですかあ、991ってFM50Wでファイナル飛んじゃうんですか?
駄目じゃないっすか??
取りあえず使えなくなって修理出すの嫌だから30W位まで落としましたよ。

HFでもテストしたら、今度はDSPスピーカーにIが入ります。参ったね!
SSBはフルパワー出さないと991AMにした意味無いですからね。

少し取説読んで操作も覚えましたが、やっぱり991のバンドスコープはIC-705の足元にも及ばないようです。
アイコムがデジタル魚探、八重洲がアナログ魚探ぐらいの解像度です。
分かってはいましたがもう少しましな状況を期待してたのでね・・・。
705みたいにディスプレイ上の波をタッチしての同調とかは全くできないナンチャッテタッチパネルだし。

許されるのは受信音というか受信感度が良いのかな?かなり良き聞こえます。
7Mhz辺りはノイズに潰されずに良く変調の輪郭が出るような感じです。音質も柔らかいのに705より明瞭です。
内臓のDNRも結構良い感じです。が、完璧じゃないのでNES10-2も手放せません。
ただ、電波の入り込みで使えそうにないので悩ましいところですね。
705の991仕様があれば最高って感じです。

ちょっと贅沢な話かもしれませんが、アマチュア無線の最初のリグがIC-705だった私にはFT991のバンドスコープはレベルが低すぎて耐えきれません。。笑
まあ、無いよか良いだろうって参考値レベルで活用するようなものではないですね。
7MhzのCWがスコープ上で全く分離できないのでレベチ過ぎでした。



2022/1/5 アンテナ切替

FT991のアンテナコネクターは2個出ています。
HF用とV・UHF用です。
でねえ、50Mhzは HF扱いなんですね。

うちは、VUは3バンド(50・144・430)ホイップなんで50Mhz は991のHFコネクターへ繋がなきゃ成らんのですがアンテナはVU用コネクターへ繋がなきゃならんです。(;^ω^)
って訳で、またまたケーブル切り替えが増えます。。

 またまたごチャリます。

切替間違え良くするので今回はちゃんとネームランドのお世話に成りました。
それと、FT991の完成度はやはり古い設計が原因なのでしょうか?使うほどに尽くIC-705が素敵!って思っちゃいます。
電信は705でデビュろうかな・・。(´・ω・`)


でで・・電信の方ですが、調子が良いと中低速の運用局が何度か聞きながらメモ出来るようになりましたが、調子が悪い時はメロメロ。。やっぱり半年デビューも厳しそうです。
ちなみに電信の練習は、3アマ講習会の1週間前位から始めたので・・・
数えてみるとかれこれ4か月半位です。!!
半年デビューはまだ間に合う圏内かな。(≧▽≦)

599BKとかなら今でも何とかなりそうですが、なんかあれば即頭真っ白になりそうなのでもう暫く我慢します。
CQ出されている局を事前にチェックしてコールサインとかメモしておいて599BKとか、CQ NYPでコールしてる局にBKするとかなら何とか出来そうな気がしますが、まだまだ自分では納得いかないので、一発で全部取れるぐらいまで訓練します。
カツカツのQSOじゃなくて少しは色気あるスタイルが好みですから。笑

ちなみに調合法から音感法へ移行は中止しました。
取りあえず慣れた調合法でQSO出来る所まで持っていこうと思います。
何故なら、無理に移行しなくても自然に移行されるような気がしますので。

というのは、アルファベットは調合法で覚えたのですが、数字記号は音感法で覚えています。
そうしているうちに、苦手なPJや、単純なEISHは無意識に音感で聞き分けています。
他も自然に両方で理解しているのでそのうちに両方での認識が出来そうなのでそうなったら自然に音感法をマスターしていると思います。
ただ、時間的にはあと3ヵ月は必要そうです。
スタートから1年後の今年の夏には難なくデビューしていると思います。多分。。笑

何れにしても、そこまでは縦ぶりで行く予定ですので、その範囲のスピードの局だけとのQSO想定です。


つづく・・・

  何かあればこちらからどうぞ!



< トップへ戻る

天体双眼望遠鏡HOME > アマチュア無線 JK1BWH その3