KIKUMARUV バートラム32その8 本領発揮へ
天体双眼望遠鏡HOME >KIKUMARUV バートラム32その8
更新
2018/5/1 スタートライン
2018/5/14 キャビンの中
2018/5/30 アフトデッキ
2018/6/11 閉店中
2018/6/25 クジラ探し
2018/7/14 船中3連泊
2018/7/21 海の日
2018/7/28 船底清掃
2018/8/7 伊豆大島 岡田港


・KIKUMARUV その1
・KIKUMARUV その2
・KIKUMARUV その3
・KIKUMARUV その4
・KIKUMARUV その5
・KIKUMARUV その6
・KIKUMARUV その7

カリビアン バートラム32 スーパージャパン 年式:1993年
全長:32 ft (全長11m全幅3.5m) 定員:15 人 トン数:7.9t  船検証:全長9.44 m全幅3.38 m全深1.55 m
エンジン:VOLVO AD41 ディーゼル 馬力:160 馬力 / 3,250 rpm (回転数)  搭載数:2 基
推進機種類:シャフト船  巡航速度(参考):約 21 ノット  最高速度(参考):約 27 ノット  
燃費(時間当たり):約 60 リットル 燃料タンク容量:約 900 リットル 清水タンク容量:180リットル

2018/5/1 スタートライン

バートラム32を手に入れてから、早2年。
機関、設備共々すったもんだしましたが、やっと正常で快適なスタートラインに立ちました。
詳細は、このシリーズを笑って読んでやってくダサイ!ね。

船がまともになったと同時に、まともな桟橋へ引っ越してきました。
新たな景色はこれです!!



ひと列、運河から内側へ入りました。
向きもお尻南向きです。

しかし、出入は狭くて慎重さを求められます。
それでも、今までの様な吹きっ曝し場所ではなく周りのボートに囲まれているので風の影響も若干穏やかではあります。

隣のボートもそれなりに大きさがありますので、いざという時は頼りにさせて下さいね。(^^ゞ
大きなフェンダー着けときますから、逆の場合も遠慮なくどうぞ!


エンジンも、プロペラも完璧で、めんどくさい免税券は無いけど、燃料ほどほどに入れ、、4月30日は、貝殻島潮干狩り&バーベキューへ出港です。

楽しく美味しくをモットーに、何時もの釣りメンバーや桟橋仲間、総勢12名での出港です。
気温は観測史上初めてという4月の平均高気温宜しく半袖で十分な4月月末、しかし、気温が上がる理由の南風が結構吹いています。

今までのボートでは、出港を躊躇したい感じです。
荒川河口を出ると、いきなり南風特有の結構な向波です。
桟橋仲間は26フィートで、「自分の船出さなくて良かった!」と申しております。

当然帰りは相当な南風が予想されます。

まあ、しかし、今回はボートオーナーが二人いますので、操船交代できるので気が楽です。(^^)v

往きはよいよいで、操船交代して頂きました。


島へ到着し、今回は沖止めでテンダー上陸です。
沖止めの途中で、掲示板仲間のサンタナさんが到着し、躊躇なくビーチングしています。


思ったより南の島からの風が強く、第一陣の上陸隊一家は、風で島へ近づけません。(^^;)

良いです。良いです。早速諦めました。
KIKUMARUVもビーチングさせる事にしました。

「ザクザク、ズン!」良いですよ。( ゚Д゚)皆さんに楽しんで頂けるなら。。笑





獲物はもちろん、ざっくざく!です。(^^)v



KIKUTAは、20個程取ったら、後はのんびりお遊びです!


ゴムボの進水式だよ〜。

もうね、海パン一丁!そんな陽気です。
地球温暖化の4月ですね。。
今回はエンジン無しですが、まあ船体が軽いのでオールも楽です。

上陸後、3時間もしないでお帰りです。
マリーナで遅い昼飯BBQです。

が、やはり、帰りは南風12M以上って感じです。
斜め横からのウネリで、スプレーがFBにもビシバシ入ってくるので、一度沖出し方向へ船首を向け進み、うねりに垂直進入の走行を続けます。

浦安マリーナ沖合位で転舵し、真横波で走ります。
こうするとスプレーが飛ばないので打ち込みはありません。
この走りは、船体幅3.5Mのバートラムだから出来る走りです。

三枚州を超えたあたりでやっと追い波で、くにゃくにゃ走行も終了。
しかしね、良い船だね!笑

あんな時化ても余裕のよっちゃんでした。。

もちろん、12人乗って戦車の様な走りですが。笑

ちょっと残念なのが、写真をあまりとらなかったのでちょっとページが寂しいのですが、参加メンバーのSNSでその辺は楽しんでくださいね。


あ、ホンビノスが小さく見えますが、でっかい手の映り込みのせいです。
でっかいのは、I 君の(手)です。 
何故か成長して大きくなったので、ホンビノス貝と比較してはいけません。笑


なんてったって総勢12名で、一時フライングブリッジに8人も乗ってましたっけ。笑
次は3日潮干狩り頼まれていたのですが、それは天候不良予報で中止となりました。

距離的にも懐的にも貝殻島潮干狩りは大変優秀ですので、また、適当に行こうかと思います。
行きたい方は声掛けて下さいね。(^^)v

ちなみに今日は全身筋肉痛です。
足先グリグリ貝探しツイストで、下半身どころか全身の筋肉が悲鳴です・・・。



2018/5/14 キャビンの中

GW後半から、海は大風で、KIKUTAは風邪で10日も船放置状態です。
途中低気圧などで大荒れになったりもしているので、デッキのポリタンク(100Lだけどね)や、ステップなど飛ばされていないか気になっています。

昨夜、ちょっと様子を見て来ました。


そういえば、ゴムボートもキャビンの中に入れたままです。


久々にキャビンに入ると、只々大笑いです。(^O^)


こんな状態です。



わかります??

ゴムボートが通路へ突っ込んだままでした。

このバートラムって32フィートなのに中は広いよね!

気に入っています。笑
で、体調がしんどいので、エンジン少し回して、船体に問題ないのを確認し、ゴムボはこのままでそそくさと帰りました。。


近況ですが、風邪が酷くて10日間死んでおりましたが、明日位から、人にうつさないレベルですのでぼちぼち活動開始です。(^ω^)

 カゼ、嫌ね!



2018/5/30 アフトデッキ

その後、もう一度潮干狩り行きました。
また6/16に予定が入りました。

でこのところ、デッキでのBBQは楽しいのですが、どうも椅子が足りなくてクーラーBOXとかに座ると貧乏臭くていけません。
折角のクルーザーです。
少しサービス精神でチュアを購入。

といっても、ホームセンター買い物ついでです。

1500円の椅子2個と6000円の折畳二人掛けです。





他に2人掛け長椅子が二個あるので8人が余裕になります。
それ以上は、合間にやっぱりクーラーボックスですかね!笑

カジキ来ているらしいのですが、めんどくさくて免税券申請辞めたら急に燃料高くなって・・・。
軽油契約艇(課税):143.3円/リットルですよ!
一回出港すると、600L位は使うから、何となくケチになってるKIKUTAです。笑

80Lで大量のホンビノスとBBQで満足気味です。笑



2018/6/11 閉店中

結局先月は、月末近くまで風邪っぴきの尾を引き長い風邪でした。
で、月明け早々に中国で部品の打ち合わせで出張です。
戻り頃には、エアコンで喉がひりひり・・・。
行きの飛行機辺りで悪いのをまたもらっちゃったみたいです。

帰国後から頭痛と咳で倒れています。
頭痛が酷いので薬飲まなきゃならなくて、その結果、寝っ放しです。
起きてももうろうで仕事になりません。
もう1週間経っているのに治りません。

かなり体力低下で免疫力ないのでしょうね。
流石に運動不足を克服しなければなりません。

これだけ風邪で動けないのは初めてです。(´・ω・`)



今週末は潮干狩りで、その後は、展示会にむけて準備で手いっぱいです。
恐らく7月末までは、遠征は不可能な感じです。

おーい、カジキやーい!

てか、今の体力じゃカジキ釣り想像するだけでもしんどいですわ。



2018/6/25 クジラ探し

久しく出港していないので船底の汚れが気になります。
昨日、船底研磨クルーズへちょっと出港です。

保安庁メールで、東京湾に入ってるクジラ位置が分かったので、ちょっとついでに探してみようかと思います。

風も弱いので、シングルで出港です。



荒川の橋をくぐり東京湾へ出てアクセルON!
左エンジン2500回転、右エンジン2000回転。
排気真っ黒けっけ。。

よっぽどフジツボついちゃったかな?
途中で止めて、ペラ逆回転とかいろいろやって、一回空ぶかし。

ブロオオオ・・・?

OK!

右エンジンのターボ固着だったようです。
前もそんなのありましたね。

しかし、その後も両エンジン3200・3100って感じで絶好調の3400越えになりません。
やっぱりペラとかラダーにフジツボいっぱい着いてるんでしょうね。
N君また頼むね。笑

海ほたるの方へ向かうのですが、1時間半のクルージングでクジラの発見は出来ませんでした。

テレビニュースで見ましたが、ザトウクジラの十数メートルクラスですね。
うちの船よりデカイのは確実なので迫力ありそうです。

昨日は、海ほたるの方に出る前は、三枚州辺りに居た様です。
灯台下暗しですが、まさかの荒川河口部にザトウクジラですか?笑
移動範囲が広いので、出会えるのは運の様です。

またついでがあったら探しに行ってみようかと思います。





夕暮れは綺麗です。



2018/7/14 船中3連泊

東京ビッグサイトで開催されるイベントに初めて出店してみました。
本業の傍らで扱っているアイデア防災品です。
ネット販売しかしていなかったのですが、ぼちぼち売れていたので、一般の認知はネットからある程度広がっているものなのか???調査も兼ねてです。

結果は、一般来場者に一人も知っているという方は居ませんでした。
ネット検索で、ガンガンヒットし、結構な量が売れているのに、展示会で誰も知らないとは・・・。

(=^・^=) これって、すげー市場が手付かずですってこと!
今後の戦略が楽しみになってきました。

で、開催は三日間です。
もちろん事前の設置などもあり、私はその間気が抜けないので近くへ宿泊が理想です。
丁度良いことに、マリーナから10分そこそこの場所です。

ほぼお台場かその隣の埠頭辺りで、たまに海から近くでウロウロしたりしています。
という訳で、船中3連泊してみました。笑

社員も近くのホテルに泊まりますので、送り迎えも兼ね丁度良い位置です。
毎日、夕食後はマリーナでのんびり一人呑みです。

ってぇーか! 毎日足が棒で廃人状態です。(^^;

アルコールで血行を促し、テレビとメールで一日が終わります。
立ち仕事はかなり久しぶりで、アフターは完全に休息だけで死んでます。


今度のバースは殆ど揺れないのであまりボートの上って気がしなくなっています。
自宅との違いは、トイレが遠いいのと洗濯機が無い位です。

ただ、暑い!

トイレに行くにはドアを開け、チャリンコでメイン桟橋のトイレまで行かなくてはなりません。ブラックタンク式のトイレに改良したくなってきましたね。。

それと、シャワーは遠すぎて戻ってくると汗をかいてしまうので、出掛ける直前に浴びて直ぐに車への込みます。

夏は結構辛いね。

そういえば、このところカジキ上がっていますね。
KIKUMARUVはどうするの?って。。。

もう完全に戦意喪失です。
何故かって?

地球温暖化で、夏場にはKIKUTAが活動できる気温を越えてしまったからです。(^^;
それと、今回のボートは、優秀なクルーが居ないと船長の負担がデカすぎてカジキは無理です。
読みが甘かったのですが、もう手遅れです。

8月の最初に大島へ泊りで遊びに行くので、その時にでも攻めてみます。(´・ω・`)
あとは運任せです。

って訳で、久々の船ネタは、泊まりに使ってますっ、て感じで終わりです。笑
海の日は、潮干狩り予定です。(^^)v



2018/7/21 海の日

今更なんだけど(;^ω^)、この間の月曜日、海の日は出港しましたよ!
H氏と、そのゴルフ仲間7人乗せて潮干狩りと夕涼み会?毎度のマリーナ呑みです。
貝殻島へは11:00出港で途中で鯨でも探したかったのですが、南西10M超えるぐらいの風で、荒川河口部では小舟では走れないレベルです。

それでも流石に32フィートは嬉しいですね。
何とか走れています。
が、フジツボだらけの船底で回転が上がらず真っ黒な煙幕船。
他の船にも抜かれてしまいます。

三枚洲沖を越える頃、何とかスピードも出るように成り、更に波も落ち着いてきたので18ノット位で島へ直行します。

ビーチングで上陸です。
H氏に陸置きアンカーを頼むのですが、行き成り中国人?みたいなグループに絡まれています。

なんだ??
よく見ると日本人です。

なんか身分証みたいの見せられています。

で、取り敢えず、ビーチングセット完了し上陸すると、そのグループが海上保安庁と判明。笑

覆面調査みたいな感じで臨検してたんですね!

もちろん私の船は、全員ライフジャケット着用で、何ら違反なし!
FBに9人乗って(笑)到着してたけど、別に定員も無いので問題なし。

無線の免許状まで確認させられたけど、まあ普通に満点です。
保安庁のアンちゃんが、なんか羨ましがってましたね。笑
で、横にジェットのグループも居たのだけど、意外と違反者は殆どいないそうです。

うちの乗客は、全員潮干狩りへ行き、私はKIKUMARUに残って涼みながら近所の船長さん達とお喋り、右隣のサンクルーズ24のご家族連れも私のHP見てくれているとのこと、嬉しいです。(*^^)v
左舷側の皆さんもありがとう!



大間のマグロ狙いのお兄さん、頑張ってね!
私も数年前だったらお付き合いしたと思うんですけど、近年はガクッと体力落ちちゃったので腰が上がりませんわ。笑
近場のメジで我慢しましょう。。



そしてお隣の飛び込み大会、見ててめちゃ楽しかったですね。

動画を、YouTubeにUPしようと思ったのだけど、編集して居たら、お姉さんの飛び込み時の超ポロリが混ざっていて、公開はヤバいので中止にし、秘蔵としました。m(__)m

 ひゃっほ〜!




お隣ボートの飛び込みの人達。

とっても素敵な水色だけど、暑さの中では、なんのぉ障害もなく浸かれるもんなんですね!笑

まあ毎度で楽しく過ごして、戻りも大波の中、皆さん大波・大スプレーで大はしゃぎ。
喜んで頂けたようです!
もどって、マリーナ呑み会は、途中から前回参加の知り合いも合流して大盛り上がりでした。

日向に出なかった私、それでも真っ黒に日焼けしておりビックリです。。
しかし、船底のフジツボは、例年になく相当な繁殖をしています。
温暖化で水温が上がっているのが如実です。

まあそんな気象状況ですから、この炎天下での釣りは不可能です。
マリーナには、カジキが結構上がっていますが、今年の私は心が全く動きません。
困ったものです。


趣味ってのは大体10年周期で変わっているので(ボートも、かれこれ10年なんです)すが、遠征さえしなければ、船自体は最高のロケーションにある別荘なので、やるとか止めるとかの次元は越えています。
一つ言えるのは、経済上の理由や、アクセスの事情で選択する時は来るのでしょうね。

まあ何が云いたいかというと、敢えてカジキを追いたいと思わなくなって来ている感じです。(;^ω^) 
八月に大島行った際は、引っ張ってみる予定です。

という訳で、海の日は海で過ごしました。(^ω^)


水曜日は突然、「KIKUTAさん、今日マリーナに居ますか?」って、電話です。
昔、下請けさん。今は、太陽光長者さん。笑


去年、訪れたガソリン艇の34フィート船長!

今日ビジターに泊まるよ!とのことなので、夜遊びに行きました。
いやいや、流石にランナバイトタイプでも34フィート在るとキャビンはめちゃ広です。
羨ましいけど、今の太陽光の償却が終わったら、すぐにLAGOONかおうと思ってんです。。だって。ww(ラグーンって云うのは、カタマランの大型高級ヨット)

夢じゃなくて、買えちゃうんだよね、奴は。。
太陽光発電所が始まって、山買って更地にして、ガツンと思い切った結果だから、嫌味ないよね。

ってか、ようっやった!って感じです。

で、夜明け前まで、飲み明かす直前で各々の船で、おやすみ!です。


今日はちょっと浦島なネタ。
25フィートに載るジャイロスタビライザーが発売されているのですね。
良い時代です。

消費電力も120Wなので、発電機無しでも可能。
まあ小型発電機あれば安心な範囲です。




2018/7/28 船底清掃

昨日は、仕事さぼってってか、サボらせてか?船のメンテナンスです。笑
前回の走りから、ペラやラダー回りにフジツボいっぱいかという事で、一回上架したいと考えていました。
が、うちのフタッフN君のアルバイトを思い出しました。
去年保田で潜って良い感じでだったので、またお願いすることに。。

久々に保田で、のんびりするのもいいかな?と考えていたのですが、台風接近で風が上がっているのと、丁度、大潮回りなので、潮干狩りもいいかと貝殻島へ舵を切りました。
海の日の、若者の飛び込み大会の記憶から、まあ、潜っても死にはしないだろとの判断です。笑

で、取り敢えず、お土産用にN君に貝漁に出てもらいます。
東風が強く、ビーチング出来ないので沖留でゴムボ出動です。
私は、KIKUMARUVに残ります。

二時間弱で、戻ってきますが、あまり数はとれていません。かご1/3位。
しかし、時期的に取られずに生き残った奴らがバカでかい!
男のぐーサイズです。

N君と、他の社員のお土産になります。
で、昼食後、いよいよ山育ちの待望の素潜り。
透明度1Mも無いので、手探りで頑張ってもらいます。
バウからスタンへロープを回し、一通り船底も確認してもらいますが、メインはハル下の太陽の当たるような場所と、金属部分です。

ペラは、ペラクリンの効果か、殆どついて居なかったようです。
やはり、ブラケットとラダーにはビッチリついていたようです。



バイト代は、マリーナに上架船底高圧洗浄と同じぐらい上げているのできっとうれしい筈です。笑

お帰りは、北東の風でやや追い風ですが、小型ボートでは辛いバタバタな波の中、余裕で23ノット出ました。
巡航で20ノット位で帰ります。

東京湾のバタバタな中でも随分と楽になるんじゃないでしょうかね!?



帰港すると、強い東風に煽られ、上手くバースに入れません。
一度出して、入れ直しです。
すると、近所のバースから2人もお手伝いが来てくれました。Thanksです。

ん?
お手伝いしてくれた人達、何やらよからんです。
美女をビキニにして取り囲んで何やら怪しい・・・・。


(船内からガラス越しで撮影の為ボケボケですまそ)
何とか・・・(よく聞いてなかったのですが)の撮影でとのことで、お仕事でした。

ちょっとオーラが違う姉さんで、後でたまたまお話しする機会があったのですが、昨年のミス夢マリで、今年はRIZINのラウンドガールや他もやってるそうで、売出中の「美沙希」さん。
自己紹介されたので、一応ネットで調べて見ました。。

「是非、応援してね!」とのことでした。

豆な営業ですね。エライ!
皆さん応援してあげて下さいね。笑

という訳で、来週末の伊豆大島遠征準備でした。

後は、台風でやられない事を祈ります。



2018/8/7 伊豆大島 岡田港

8月3日〜8月6日の予定で伊豆大島へ行ってきました。
知人(昔の先輩)が大島通というか交流があって、年に数回渡っています。
で、今回は岡田港の漁協長にとかに行っておくから・・・、みたいな感じで岡田港と近所の民宿を手配してくれました。
で、そこを拠点にトローリングや水遊びでもと行って来ました。

今回は、免税券が無いので結構なコストが掛かるかな?
最近は、先週に近場遊びで減っていたので300L入れてメーター半分ぐらいにしていました。


金額は課税なので43,002円

そして、今回出港前に350L入れてほぼ満タンです。
で、帰港後のメーター位置がこれです。
金額は、課税で50,169円です。アワーは7時間半ぐらい。

2回の給油で20,000円ちょっと、無駄な税金を納めてしまいました。。(^^;

ちなみに先輩は、船酔いがあるので飛行機で来ています。
調布飛行場から往復で22,000円で片道20分位です。

8月3日は燃料入れたり何だかんだ積込などの準備で出港が10時過ぎ、燃料満タン+乗船3名+向かい風で頑張っても21ノットしか出ません。
長い旅なのでエンジンを労わって18ノットで余裕で走ります。
約二時間かけて三崎港へ入り、マグロ丼を食します。
入港料は3,080円(32フィート)


この辺お店は間違いなく美味しいものが食べれます。(*^^)v

私は大抵中トロ丼です。



食後直ぐに出港です。
飯の為に3000円の入港料はどうかと・・・。まあいいか。。

沖の山に寄って見るのですが、鳥も釣り船も何も無し、更に潮止まりですが、とおり過ぎ様ライトトローリング。ホントに反応なし。まあいいか。笑



多少風が上がって来てバタバタしています。
外洋ならではのウネリも混ざります。


そのまま16〜18ノットで2時間で岡田港へ入港です。
はじめての港なのでゆっくり入港しますが、静かです。
開店休業の様です。



注:岡田港入港は、「良いとは言わないが、駄目とも言いません。」という状況です。
港が狭いので多くは止められないのと、管理が、奥は漁協で、写真の場所は港湾局管理になっています。
途中で港湾局が来まして、「プレジャーは波浮へお願いします」と言われましたが、こちらは「漁協への挨拶もして有って、岡田港の民宿取ってあるから!」というと、じゃあ、、漁師とトラブルにならない様に宜しくね!って去って行きました。


先着にヨットが二隻いますが、端っこに空きがあり入れようとすると、漁師があっちにしてくれと、ヨットの隣の狭い所を指示されます。
まあギリギリで入れたのですが、向き的に発電機がヨットへ響く位置です。
まあそれほど煩くもないので、無視していると、やっぱり煩そうな顔されますんで向き変えようとすると、大丈夫!そのままでと、それに甘えました。
結局夜遅くまでそのヨット自体が音楽や酔払い越えで大騒音でした。笑

意外と遅くなりましたが先輩の知人の地元民が「漁港長へ話しておいたので、電話番号を書いて張っといて」と登場。
ビールを飲みながら、堤防でテキトーな釣りをして時間を潰します。
その後、先輩が登場。
飛行機が午後便しか取れなかったので夕方到着です。
で、宿へ移動し、夕食+飲みで就寝。
正直殆ど人の居ない漁港村?超静かで何もすることがありません。。。
もちろん直ぐに寝れなくて、ビールを船に取りに行くついでに少しテキトーな釣りをします。
 釣果!笑

ちなみに周辺の店は、6時に閉まってしまいます。
飲み屋はありません。
民宿にはお酒は置いていなくて近所から自己調達です。
勿論、冷蔵庫は自由に使わせてくれるので保管は出来ます。

「はーーーーっ!」て感じです。

まあ、ばあさん一人じゃ酔払いの管理は不能でしょうから仕方ないですね。笑


翌朝ボートの確認へ行くと、周辺のヨットは消えていました。
先輩の調達した車(地元土建屋のマンションと車を借りてます)で、元町や、島1周を案内してくれました。


ここが印象的でしたね。
昼は、週末で元町は観光客が一杯です。
食事できる良いお店は全て超満員です。
止む無く地元の中華ラーメン屋で「半チャーハン・ラーメン」と、観光地とははなれた昼食です。味は良かったのですが、エアコンの利かない店で大汗ですぐ出て来ました。

気温は最高で31〜2度なので東京より5度位低いのですがそれでも夏は厳しいです。
なんもしたくない気分です。

島の観光は午前中で終了ですが、午後にこの暑さだとトローリングに出向など出来たものではありません。

じゃあどうしよう?

潜りましょう!(^ω^)


色々ポイントはあるのですが、誰も居ない岡田港!
水質は最高!

水深3m以上あるのに海底がクッキリ見えます!

という訳で、ボートからのスキンダイブです。
最初は、同行のIとN君が潜っていましたが、私も暑くて間もなく入ります。
気持ちいいです!

水深は最大で4m位です。
素潜りに丁度良い深さです。
N君は船底清掃の成果で30秒以上潜れるようになったので楽しそうです。
Iは、体力的にダメみたいで早々に上がって周辺探検へ。。

私は何年ぶりでしょうか?
いやいや何十年ぶりでしょうかね???スキンダイビングは。

海底まで潜るると、久々に耳抜きして懐かしい感覚です。
最初は頭がミシミシ音がしたような気がしますが直ぐに感覚は戻りました。
小一時間程、水中を楽しんで、最後に岸壁の1.5M飛び込みで締めくくりました。

ダイビング中に漁船がマイクで話しかけて来て「貝は盗るんじゃないぞ!」って念押ししてました。笑



その後、先輩がイサキかアカハタが釣れるから船出そうという事で、事前情報のポイントへ行ったのですが、魚探反応なしで夕まずめの釣りはボウズでした。(;^ω^)



夕食は、こんな感じで、他にサシミ類や汁物他、これでもか?って位、豪勢です。
「ふじおか」という宿で、高齢のおかみ一人で切り盛りしていて、食事以外はやっとこさでやってる感じです。
楽天で集客しているので、詳細はレビュー見て下さい。笑

1・2泊ならgoodですが、我々は3泊はキツイだろう(;´・ω・)ってことで、Nの仕事も在るので、日程を一日早めてお帰りとしました。(一泊8,000円)

私の部屋は、オーシャンビューでした。


 クワガタも居ました。(^ω^)

最高気温32度で私は何も出来なかったので、やはりカジキ釣りは厳しいですね。


それでも綺麗な島でした。

帰りは、南風が上がり始めているので、早々な戻りは正解です。
途中うねうね、ばとばと、って感じです。



途中干物が欲しいとのことで保田へ寄ります。
久々の保田ですが、意外と空いていて大型クルーザーが多いです。

なるほど!
入港料の大幅値上げです。\(^o^)/

これなら「糞キャプテン」は、寄り付かないでしょう!笑
で、私の船で3,000円です。
ほぼ、三崎と並びました。
これで良いでしょう!

しかし今回は、干物買って直ぐ帰るというと、流石にそれじゃ金取れないね!ってことでした。
もちろん、私は留守番で、約10分で出て行きましたが。。

帰りは、追風10メートル前後で波頭はうさぎさんです。
かなりバタバタですが、燃料も減って軽くなって来たので23ノットでお帰りです。
3時間ちょっとで夢マリです。



海の色が湾奥です。笑

何とも言えないのですが、地元東京湾です。

夢マリに戻ると、何隻かカジキ上げて戻ってましたっけ。。。(^^;

普通に操船スキル持ったクルーが二人いれば狙う気も起きそうですが、この暑さはそれでもそれをノーと言わせるかも。。

正直みんな、この暑さで元気過ぎます。
日本で2番目に汗っかきのKIKUTAは、ついて行かれません。(´・ω・`)?゜・。

近場のホンビノス貝が限界かな。
しかも、キャビン内で留守番です。笑


ちなみに、KIKUMARUVの機関は良好です。

ただ、ボイラーからのオーバーフローが多くビルジが何時もいっぱいになっています。
それと、エアクリーナーが汚れ気味で排気が若干黒っぽくなっています。
安いフィルターなので交換すりゃいいのですが、どれぐらいまで持つか興味もあります。
常にスペアは積んでいます。

発電機は、携行缶接続で連続運転しました。



携行缶を置く場所も吊る場所もないので、クーラーボックスを立ててその上の乗せました。
ちょっとここは無計画でしたね。(^^;

停泊中も冷凍庫・冷蔵庫の電源ですから常時運転しっ放しです。
途中エアコンなども使用します。
延べ52時間で18L位使いました。

帰港後は、皆で片づけたのであっと言う間ですが、東京の暑さは「半端ない」です。

つづく

何かあれば、こちらへどうぞ!(^ω^) 
 ・KIKUMARUV 掲示板



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】マーナ Shupatto(シュパット) ボストンバッグ S439
価格:4298円(税込、送料無料) (2017/12/16時点)



自分用メモ(^^;)
ワイパー。アンテナ。風防・エンクロ。


< トップへ戻る

天体双眼望遠鏡HOME >KIKUMARUV バートラム32その8